【MTF】変わり者なぎさの女子力UP
gdg2365456.png  

2014年11月04日

ホルモン注射をしてもらうために EPホルモン注射

一般病院で処方してもらう

女性ホルモンの投与を始めて
早2年と3ヶ月ほど経ちました

その間錠剤からお注射に変え、
病院を探すために多くの病院に電話して
またお引っ越しして電話してみつけて
ということを繰り返してきました

そのおかげ新たな交渉手段や
自分に合ったお薬を探すこともできました

私の近くにはGIDの知識のある病院がありません
そのため民間の病院でお薬を投与してもらいたいのですが
病院の先生は知識がないため患者の私に今までの経緯と
使用していたお薬を訪ねてきます
そのためある程度私自身も知識と情報がなければ
お話を進めることもできません

最初は私もペラニンデポーのような
卵砲ホルモンのお薬から投与を始め
新たな情報からルテスデポーへと切り替えました
ですがこれらはその辺にある内科や婦人科などの
民間の病院ではほとんど取り扱っていなくて
在庫はなく取り寄せになります
先生にしたら面倒なお薬なようでした

そこでホルモン治療を専門とする医師がいる病院に行き
事情を話したところルテスデポーと同成分のEPホルモン注射
というものを紹介していただきました
通常この注射は婦人科で女性に使用されているため
ほとんどの病院にあるそうです

私はその注射を一年近く使用していますが
ルテスのように痛くないし気に入ってます
しかも交渉がしやすいのでお値段を安く設定しやすいです

そもそもお値段はお医者様も実は悩んでいるようで
私に前はいくらだったの?とどこの病院も質問してきます
この回答がとても重要でここで言った数字が先生の中で相場になります
私はここで1500円です
と先生の目を純粋そうな目で見つめて訴えます
すると
わかりました!うちも1500円でやりましょう
と言ってくれましたので
ありがとうございます!
と交渉成立です

私は最初の頃にホルモン注射で
4千円とか高い金額を払っていた時期がありました
それは自分に知識と自信がないのが最大の原因だったと思います
2年3ヶ月を振り返って少しずつだけど自分の成長を実感しました(o゜ー゜o)

☆応援ありがとうございます☆
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ
にほんブログ村