女として生きるために笑われて生きる勇気なんて必要ない: 【MTF】変わり者なぎさの女子力UP
gdg2365456.png  

2015年05月09日

女として生きるために笑われて生きる勇気なんて必要ない

メディアの影響

知人「お前女として生きるってことは
笑われて生きる覚悟はあるんだろ?」

私「え?どうして笑われて生きなくちゃいけないの?」

知人「テレビで見るお前みたいな人たちも
あとニューハーフとかいう人たちも
みんなそうやって生きてるだろ」

私「は?何言ってるの?」

知人「ほら、あのなんだっけ・・ミッツとか
IKKOとかKABA.ちゃんとかクリス松村とか
はるな愛とかみんな気持ち悪くてわらわれてるじゃねーか」

私「・・・ねぇバカなの?」

この会話以来この知人とは連絡を取るのをやめたのですが
私が女性化を始めてから現在まで
こうしたことを言われることはかなり多かったです

でも冷静に考えると世間で普通とされる人々が
このような誤解を抱いてしまうのは仕方のないことだと思います
なぜならネットが普及し始めたのはつい最近の話で
それまではテレビしかなく私も私のような人間は周囲にいないと
思ってましたから。

それにテレビは現在も女装やゲイ、ニューハーフ、MTFなど
それらすべてを「オネエ」とひとくくりにして
ネタとして発信していますし。

ハッキリ言って
私はそんな人の笑いものになんてなりたくない!

私は芸人じゃないし
ニューハーフと呼ばれたいわけでもない
普通の人間です

今までブログの中で少しブレることはあったけど
私は普通に生活したいだけです

でも世の中の人って
普通に生活しているMTFを知らないんだよね
だからテレビのように笑いもののオネエしか
想像できないようです

おそらく普通に生活しているMTFは
テレビに出演したくないと思う人が多いでしょう
なぜなら
女として一生生活するためにMTFであることは隠したいから。

私もね、いろいろこのブログで
情報発信してきたけど
最近になって恥ずかしくなってきて
継続しようかとても悩んでいます

もし続けていくとしても
写真の投稿はもうやめようかなと思います

もともと照れ屋の性格なので
私らしいといえば私らしいんですけどね(*´ω`*)ゞ

最近では少しずつネットからも足が遠のいて
「ネットがあれば十分」
が口癖だった私もついにテレビまで買ってしまいました
おそらくこれからはテレビが友達になるかも知れません

どうしてここまで変わったのかというと
心を穏やかにして平和に暮らしたい
と思ったからです
ネットを見ていると心が疲れちゃって。
自然と表情も強ばってる気もするし、
心に余裕が持てなくて
家族にも冷たくなってる気もしたの
なのでテレビを見ながらマッタリしようかな〜なんてね♪

そんなわけでなぎさがネットに
興味をなくすという真夜中の
どうでもいいお話でした(*´・ω・)(*´_ _)

☆応援ありがとうございます☆
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ
にほんブログ村
この記事へのコメント
私も最近分かって来た!
MTFは女性化するのでは無くて
女性なんだと!
女性が普通にお化粧したりお洋服着たり
って感じです!
☆ゆっこ♪☆
Posted by ☆ゆっこ♪☆ at 2015年05月09日 10:04
渚さん!
☆ゆっこ♪☆です!
私も最近分かった事ですが
女性に成りたいとかじゃ無いんですよね!
男性装だけど
女性として普通にしたいだけなんです!
お化粧したり服見たり
今は服買うのは難しいけど
何時かは買って普段着で着たいと思ってます!
以前は声は地声で良いと思ってましたが
皆さんの声を再度聞くと
やはり男性に思われるのはちょっとね、で
今は自分の容姿(年齢もね)に合った女性声を見つけたいと思ってます!
☆ゆっこ♪☆
Posted by ☆ゆっこ♪☆ at 2015年06月02日 02:49
ゆっこさんへ

コメントありがとうございます
そうですね〜
本当に心の問題だと思います
人は「男だから男らしく女だから女らしく」
という呪縛から解放されたときに
初めて自分らしく生きることができると思います。
その自分らしく生きた姿が外見に表れるものと
私は自分の人生を通じて感じております
ただ自分に素直に生きることが大切だと思いますよ
Posted by なぎさ at 2015年06月03日 01:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/128216527
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック