お酒飲んで自分を見失った人にきちんと処罰を: 変わり者なぎさの女子力UP
 

2018年05月01日

お酒飲んで自分を見失った人にきちんと処罰を

って私の父なんだけどね

あまりにも昨日は見るに絶えず
警察まで呼んじゃったよ

警察を間に挟まなくちゃ
お話もできないほど
自分を見失うなんて最低。
それが我が父と来たから
恥ずかしいもんだ。

警察には「お互い大人なんだし」
と言われたので
「あの父親は昔から酒飲むと
自分を忘れて暴力するんですよ。
それで私はこの通りうつ病なんです。
加害者のせいで被害者である私が
一生薬を飲まなくては
いけなくなったんですよ。
矛盾した世の中です。
そういう矛盾をなくすのもあなた達
警察のお仕事ではありませんか」

そう言うと警察の人は
「そうなんだけどね。
どうしてほしいの?」
と言うので

「酒を飲んで自分を忘れてしまって
子供がうつ病で闘病してるんだから
少しは人生考えろ!ということと、
アル中の傾向が見えるから
酒をやめるように伝えていただきたい」

と、警察の人に伝え
父はお叱りを受けたようです

そりゃそうだ。
私も一社の社長。
腑抜けたことは言わない。
至極当たり前のこと言っただけだ。

そして警察さんは
「いちおうあなたのお気持ちは
しかり伝えました。で、本人は
寝るようなので今日は
お話したり絡まないように
してください」
と言われ、子供として
すごく情けない気持ちになった。

私はツイッターでよく手料理を
載せているけどみんなで
美味しい料理とお酒を飲みたいから
作っているのだ。
そういう私の気持ちを無にする父の
行為は許せない。

私もね、お酒を飲めない
父を見ていると可哀想に
見えてしまうの
何よりもお酒が好きな人だから。

私の気持ちの中で
すごく苦しんで
「お酒飲んでも自分を忘れず
 家族を睨んだり迷惑かけないなら
 飲んでもいいよ。」

って約束してあったの。
その約束を破ったから
私は叱っているの。

怒っていると言うより
叱っている感じ。
まぁ自分の言葉で
これ以上は言いたくないから
私の気持ちの中を
察してください。
本当に情けない。

私はてんかんという
持病さえなければ
この家をとっくに出て
仕事をがっつりやって
贅沢な一人暮らししている。

てんかんというのも親が原因で
持病として私は抱えて産まれて
きたというのに本当に反省して
くれないんだよね。
その行為だけでも
私の心を傷つけている。

私は今日、母の顔を見て
心の中で
(また両親昨日のこと
重く受け止めてないな)
と感じた。

そして家族招集して
「昨日のこと忘れてるんだろ!
顔にそう書いてあんだよ!
あんな恥ずかしいことがあったのに
よくもまぁなにもなかったような
顔してられるねぇ!ふざけるな!
あ?爺は昨日のこと覚えてんのか?」

と言ってみた。
すると父は
「あまり覚えてない。」
という。はいはい、いつものこと。
怒るだけバカバカしいけど
言うことは言うか・・・

「おい、誰のせいで私が
この薬飲んでるんだよ。
これ飲まないと死んじゃうんだよ。
お話したよね?もう忘れたの?
お家に戻る時約束もしたよね?
お酒飲むこと許したときも
約束したよね?忘れたの?
お母さんあなたもだよ。
あなたが注意しないで誰が注意するの!
子供にこんな事言わせるな!」

「すまなかった・・」
「ごめんなさい」
両親の声は小さかったが
忘れてたことを思い出したかのように
反省し始めた顔を見せた。

「私は、もうあなたたちで
ちゃんとお話したものと思ってたよ。
でもちゃんと謝罪に来なかった。
私が許すと思うか?
ふざけるのも大概にしな!
私の親と言うならきちんとしなさい」

「あ、ああ、本当にすまなかった・・」
やっと本来あるべき姿勢になった。

「私の気持ちわかってるかな?
焼き鳥の機械を買ったり、
お父さんが休みの日は
美味しい料理を作ってる
私の気持ちわかる?
その気持ちに泥を塗ってんだよ
親としてそれはどうなの?」

「そ、そうだな・・・なにもいえない・・
ほんとにすまなかった。。。」

と、私の気持ちを改めて理解した父。

「最近はお父さんは
苦しそうに咳をしているから
本当に心配してるんだよ。
タバコもできれば減らしてほしい
こういう子供の気持ちがわからんかね?」

「そうだな・・(泣きそうな優しい顔している)」

「とりあえず家族なんだから
ごはんくらい一緒に食べるぞ」
と私は言いきなこを連れ
みんなで夕飯を食べた。

この子(きなこ)もね永く生きてほしいから
7日に避妊手術してもらいに行くの。
命ってね大切にしないと苦しむのは
残された周りの人なんだよ。

「大人と言うならそういう
周りの人の気持ちも
自分に置き換えて
よく考えて行動したりするものだ。

本当の優しさというのは
そういう事ができる人間だ」

私は自分の気持ちや考え方を
親へ時間をかけてお話した。

そしてまた我が一家にとって
0からのスタートとなりました。

お酒を飲むときは
本当に気をつけましょう!

☆応援ありがとうございます☆
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 性同一性障害(MtF・MtX)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183121350
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック