卵胞ホルモンと黄体ホルモン: 【MTF】変わり者なぎさの女子力UP
gdg2365456.png  

2013年01月30日

卵胞ホルモンと黄体ホルモン

(o゜ー゜o)うーん

ホルモンのお話しって読めば読むほど
ワケワカメラーメンですね!

女性の体では周期があるわけですが
果たして元男の私にそれが必要なのかどうか。
でも
「女性の体を作るのは主に卵胞ホルモン」
だと語る専門家もいれば、
「女性の体と同じ周期を作ることでより女になる」
という専門家もいる。
むずかしい・・・・

きっとまだまだ未開なのでしょう
やっぱり実際に飲んでる者の知識には
敵わないのかもしれないねぇ

じゃあここからは私の経験談で語ります(*`・ω・´*)

効き目がないと不安なんです

現在はベラニンデポー(卵胞ホルモン)を
2週間に一度2アンプルを
病院で処方してもらっている私ですが
どうも女性化している気がしないので
「リノラル(卵胞ホルモン)」を、1錠/一日飲んでます
不思議なことにたったそれだけのことで
具合が大分違います

リノラルでこれだけの変化が出るところを見ると
卵胞と黄体というホルモンの種類は関係ないんじゃないかな。
黄体ホルモンは少量で効果が
出やすい(作用が強い)と言われていますが
その説をも吹き飛ばすエチニルエストラジオールはやっぱ最強!

まぁ女性化していく上で何が不安かっていうと
何も変化を感じないことが続くことですよね!?
そういうところを考えると
つまりは効き目が強ければ
なんでもいいじゃん(*´ω`*)
っていう結論になるわけですよ。

そこでまとめたのがこれ。
睾丸摘出前
ならリノラルorダイアンなどのエチニルエストラジオール薬を使用
睾丸摘出後
もうこのときはエチニルエストラジオールは飲めないので、
ホルモン注射!
この流れが現在の王道かと思います
強い薬も知識を持って使いこなせば
これ以上に便利なものはない(*´ェ`*)

 
また新たな進展がありましたら更新しますね☆


☆応援ありがとうございます☆
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ
にほんブログ村
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61863757
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック